文楽ブログパーツ

 去年、さいたまスーパーアリーナで行われたビヨンセのライブで写真撮影がOKだったというのを聞いて、少し驚いた。

音楽売り上げがCDからネット配信に移行していく中、楽曲販売のマーケット規模は縮小しつづけており、『ライブで稼ぐ』というのが世界的な潮流になっている。マドンナをはじめ、アーティストの中には、CDやアルバムなど楽曲の制作と販売で利益を上げる従来のビジネスモデルには必要だったレコード会社との契約を打ち切る動きもある。CDを売ることが音楽ビジネスにとって重要でなくなると、必然的に、CDや楽曲のネット販売にとって重要な鍵である著作権への対応も緩いものになって行く。極端な例として中国やブラジルのアーティストは、知名度を上げるためネットで楽曲の無料配信をした上、自分たちでCDは無料で配布、海賊版CDの製造販売も黙認するといったこともあるようだ。知名度が上がることによって、自分たちのライブの入場者が増える。音楽フェスティバルの出演料が上がる。ライブツアーに、企業スポンサーが付き安定した収入が得られるなどのメリットが考えられるという。
ビヨンセの判断も、中国の無料でCDを配り海賊版を黙認するアーティストの判断も、その根底には、いわゆる「注目経済」への対応があるハズだ。ビヨンセのライブで写真を撮った観客の何%とかは、ライブの感想とともにその写真もブログにアップするハズだ。ライブで稼ぐためのプロモーションと捉えれば、どんなことも正当化できそうだ。

ここまで、一言も触れていないが、賢明な読者の皆様は、このページのテーマが『文楽』であることにお気づきと思う。旅行をテーマにした当ウェブマガジンにとって、大阪での文楽鑑賞はイチ押しの過ごし方だ。文楽を鑑賞することは、大阪を訪ねた旅行者にとっても文楽にとっても良いことだと考えている。数年来、文楽鑑賞のプロモーションを行うことは当ウェブマガジンのテーマの一つになっている。
「I LOVE NY」のロゴ。NYの部分を文楽にしたデザインのロゴを作り、ウェブページの一番上に張り付けてみて、このロゴの持つ訴求効果には少し驚いた。何の工夫もないと言われそうだが、文章だけでどんな美辞麗句をつらねるよりもストレートにイメージが伝わっているのではないだろうか。あなたも、文楽に関することをブログやサイトに書く機会があれば、ストレートすぎてちょっと照れくさいかもしれないが、このロゴを貼りつけてみるのはどうだろうか。

注 このページの『I Love 文楽』ロゴ使用にあたっては何の条件もありません。

『I Love 文楽』ロゴの使用について

『I Love 文楽』ロゴ画像ファイルをダウンロードし、商用、非商用を問わずご自身のウェブサイト、ブログのサーバーに自由にアップロードし、使用することができます。画像ファイル分のディスク容量を節約するため、各画像に用意されたHTMLソースを貼り付けることで、ウェブサイト、ブログにロゴを表示することも出来ます。ウェブサイトやブログでロゴの再配布をすること。デザインを変更することも自由に出来ます。

白 枠付き 300px×300px

黒 300px×300px

HTMLソースの例

白 枠付き 150px×150px

HTMLソースの例

白 枠無し 150px×150px

HTMLソースの例

黒 150px×150px

HTMLソースの例

白 枠付き 75px×75px

HTMLソースの例

黒 75px×75px

HTMLソースの例