ギャンブルの旅をネットで検索してみた

ギャンブルの旅はマカオがおすすめ

カジノの旅先としてはマカオが良い。カジノと言えばラスベガスのイメージが強いかもしれないが、実はカジノ産業での収益において、マカオはラスベガスの上を行く。

今後も様々なカジノができるらしいから、それを目当てに定期的にマカオに向かうのも面白そうだ。

マカオへのカジノツアー料金はとにかく安い。

行き先がラスベガスだと料金が平気で2030万円を超えてくるが、マカオであれば10万円を切るツアープランがざらにある。

もちろん単にカジノを楽しむだけでなく、マカオの世界遺産や、香港のディズニーランドを満喫しつつの値段だ。20万円以上出せるのであれば、一流ホテルに宿泊することもできる。

ギャンブルの国内旅はどうか?

ギャンブルの国内旅をするならば、日本の法律上、当然「公営ギャンブル場」を回ることになる。

最も難易度が低いものと言えば「中央競馬10カ所制覇の旅」だろう。

札幌、函館、新潟、福島、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉。10カ所の中央競馬場全てに足を運ぶのだ。

競馬というギャンブルで興奮しつつ、地元のグルメ・有名スポット・祭りなども楽しもう。

大勝したのであれば、払戻金をその地で派手に使うのも一興だ。

オンラインカジノであれば卓上ギャンブル旅行ができる

「卓上旅行」という言葉をご存じだろうか。

そう。「観光地の資料などを集めて旅行日程を立てて、実際には足を運ばずにその地に思いを馳せる」というものだ。

実は、オンラインカジノを利用すれば「卓上ギャンブル旅行」ができる。

卓上ギャンブル旅行を楽しむ上で特におすすめなのが「ライブカジノ」だ。

ライブカジノでは「人間のディーラー」が相手になる。

つまり、現場の雰囲気に限りなく近い状況でカジノゲームを楽しめるということ。

調べてみたところ、ラスベガス、マカオ、シンガポール、北京、マニラなどのカジノ場を再現したライブカジノが特に人気のようだ。

その地の事を想像しつつディーラーとの、オンラインブラックジャック、オンラインポーカー、オンラインバカラなどを楽しんでみよう。

単なる卓上旅行の場合は、あくまで想像することしかできない。

しかし、インターネットカジノであれば、本当にカジノゲームをプレイすることができてしまう。

なんと素晴らしい事だろうか。

ちなみに、大手ネットギャンブルサイトの大半は日本語対応だから安心だ。

ただし、日本語非対応のオンラインCasinoも一部あるようだから気を付けよう。