サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

 〔俳句稿以後〕 明治34年

正岡子規 有名な句

明治34年

春の句

春の日や病牀にして繪の稽古

或人苔を封じ来るこは奈良春日神社石燈籠の苔なりと

苔を包む紙のしめりや春の雨

氷解けて水の流るゝ音すなり

〔左千夫の携へ来りし鯉を盥に放ちて春水四澤に満つる様を我に見するに〕

盥浅く鯉の背見ゆる春の水

夏の句

ラムプ消して行燈ともすや遠蛙

秋の句

五月雨

五月雨や上野の山も見あきたり

病床ノ財布モ秋ノ錦カナ

〔「人間ハヾ」〕

人間ハヾマダ生キテ居ル秋ノ風

母ト二人イモウトヲ待ツ夜寒カナ

即事

九月蝉椎伐ラバヤト思フカナ

〔ツクツクボーシ〕

ツクツクボーシ雨ノ日和ノキラヒナシ

病床ノナガメ

棚ノ糸瓜思フ処へブラ下ル

冬の句

驚クヤ夕顔落チシ夜半ノ音

明治35年

新年の句

冬の日のあたらずなりし乾飯かな

初めの冬の句

室内(病床口吟)

煖爐たく部屋暖に福寿草

春の句

不忍の鴨寝静まる霜夜かな

土佐カ画ノ人丸兀ゲシ忌日カナ

鬚剃ルヤ上野ノ鐘ノ霞ム日ニ

下総ノ国ノ低サヨ春ノ水

〔加藤叔父男子出生〕

雀の子忠三郎も二代かな

前のページへ 027 028 029 030 031 032 次のページへ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?