サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治33年

正岡子規 有名な句

明治33年

春の句

草庵

春雨や裏戸明け来る傘は誰

菜の花や小学校の昼餉時

藤の花長うして雨ふらんとす

牡丹の芽ひたふる霜を恐れけり

夏の句

萱草やこゝに芽をふく忘草

子を祝ふ俳句の会や柏餅

地に落し葵踏み行く祭哉

和歌に痩せ俳句に痩せぬ夏男

夏痩の僧都の像や鉈作

一門は皆四位五位の茂り哉

水草の花に触れたる水棹かな

秋の句

承久

院宣や夏草夏木振ひ立ち

攝待の札所や札の打ち納め

冬の句

鶏頭の十四五本もありぬべし

芭蕉忌や我俳諧の奈良茶飯

十年の苦学毛の無き毛布哉

風呂吹や蕪村百十八回忌

霜の蟹や玉壷の酒の底濁り

明治34年

新年の句

凩や燈爐にいもを焼く夜半

春の句

自題小照

大三十日愚なり元日猶愚也

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?