サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

正岡子規 有名な句

明治32年

夏の句

水清く瓜肥えし里に隠れけり

干瓜の塩の乾きや日照草

秋の句

葭簀して囲ふ流や冷瓜

鶏頭の十本ばかり百姓家

冬の句

有省

蕃椒広長舌をちゞめけり

のびのびし帰り詣や小六月

囮かけて人居らぬ野や小六月

のら猫の糞して居るや冬の庭

蕪村忌集る者四十余人

風呂吹の一きれづゝや四十人

梅龕の墓に花無し霜柱

鷹狩や予陽の太守武を好む

明治33年

新年の句

千駄木に隠れおほせぬ冬の梅

長病の今年も参る雑煮哉

醉蟹や新年会の残り酒

春の句

初芝居見て来て曠著いまだ脱がず

病牀の匂袋や浅き春

草庵

春寒き寒暖計や水仙花

カナリヤは逃げて春の日くれにけり

泥深く蛤ひそむ餘寒哉

新海苔や肴乏しき精進落

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?