サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

正岡子規 有名な句

明治31年

冬の句

口こはき馬に乗たる霰哉

明治32年

新年の句

初芝居団十郎の烏帽子かな

雪の繪を春も掛けたる埃哉

汐干より今帰りたる隣哉

さそはれし妻を遣りけり二の替

雪残る頂一つ国境

會の日や晴れて又ふる春の雨

尾をかはす雉の番や台の上

韮剪つて酒借りに行く隣哉

カナリヤの餌に束ねたるはこべ哉

夏の句

五女ありて後の男や初幟

椎の舎の主病みたり五月雨

鴨の子の流れんとする水嵩哉

鴨の子を盥に飼ふや銭葵

蛍籠行燈に遠くつるしけり

竹筍白鶴図

青梅や病より起つ林和靖

牡丹画いて絵具は皿に残りけり

夏引その乱れや二十八天下

林檎くふて牡丹の前に死なん哉

此村は帝国党や瓜茄子

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?