サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

正岡子規 有名な句

明治31年

春の句

魚市に魚の少き餘寒哉

初午に鶯春亭の行燈哉

家主の無残に伐りし柳哉

夏の句

つゝじ多き田舎の寺や花御堂

角田河畔

泳ぎ場に人の残りや夏の月

蝉に遠く蛙に近し裏二階

時鳥一尺の鮎串にあり

病間あり

若葉陰袖に毛虫をはらひけり

病間あり

椅子を置くや薔薇に膝の触るゝ処

秋の句

灯をともす向ひの山や秋の暮

元光院観月会

やゝ寒み文彦先生髯まだら

闇の夜をめつたやたらの野分哉

元光院

月曇る観月会の終り哉

虚子寓

桐の葉のいまだ落ざる小庭哉

元光院観月会

紅葉山の文庫保ちし人は誰

湯治廾日山を出づれば稲の花

小庭

ひとり生えの草皆花となりにけり

市に得し草花植る夜半哉

冬の句

爐開や故人を会すふき膾

冬籠る今戸の家や色ガラス

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?