サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

正岡子規 有名な句

明治30年

夏の句

三井の蚊の叡山の蚊を追ひかくる

時鳥夜瀧を見る山の道

秋の句

朝寒や大魚動かず淵の底

根岸名所ノ内

芋阪の団子屋寝たりけふの月

送漱石

秋の雨荷物ぬらすな風引くな

書に倦むや蜩鳴て飯遅し

蜩や几を壓す椎の影

祇園の鴉愚庵の棗くひに来る

つりかねといふ柿をもらひて

つり鐘の蔕のところが渋かりき

ある日夜にかけて俳句函の底を叩きて

三千の俳句を閲し柿二つ

送漱石

萩芒来年逢んさりながら

屋根葺のごみ掃落す芭蕉哉

冬の句

草庵

冬さびぬ蔵澤の竹明月の書

占へは噬こう河豚に咎なし

明治31年

新年の句

いもうとの羽子板すこし劣りたる

女王禄やねびまさりたる御笑顔

門番に餅を賜ふや三ケ日

めでたさも一茶位や雑煮餅

此山の黍の雑煮や日本一

万歳は今も烏帽子そ都鳥

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?