サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

正岡子規 有名な句

明治29年

冬の句

明月和尚百年忌

風呂吹を喰ひに浮世へ百年目

夕烏一羽おくれてしぐれけり

烏鳶をかへり見て曰くしぐれんか

病中

しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上

小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん

愚庵和尚に寄す

凩の浄林の釜恙なきや

鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ

南天に雪吹きつけて雀鳴く

病中雪

いくたびも雪の深さを尋ねけり

雪女旅人雪に埋れけり

棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり

わらんべの犬抱いて行く枯野哉

冬川や家鴨四五羽に足らぬ水

鴛鴛の向ひあふたり並んだり

草菴

菜屑など散らかしておけば鷦鷯

明治30年

新年の句

徳川の昔男や雑煮喰ひ

蓬莱や上野の山と相対す

春の句

長安の市に日永し売卜者

出て見れば南の山を焼きにけり

雲無心南山の下畑打つ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?