サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

正岡子規 有名な句

明治27年

終りの冬の句

甲板に霰の音の暗さかな

大船の楷子をあげる霙かな

冬川の菜屑啄む家鴨かな

染汁の紫氷る小溝かな

古池のをしに雪降る夕かな

はし鷹の拳はなれぬ嵐かな

吹きたまる落葉や町の行き止まり

首入れて落葉をかぶる家鴨かな

菜畑や小村をめぐる冬木立

古池や柳枯れて鴨石に在り

一もとの榎枯れたり六地蔵

茶の花や庭にもあらず野にもあらず

山茶花に犬の子眠る日向かな

枯荻や日和定まる伊良古崎

明治28年

新年の句

隻手声絶えて年立つあした哉

安東縣に在る青克R人に寄す

立札や法三章の筆始

春の句

金州

鵲の人に糞する春日哉

石手寺へまはれば春の日暮れたり

春の夜や奈良の町家の懸行燈

亡き古白を思ひいでゝ

春の夜のそこ行くは誰そ行くは誰そ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?