サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

正岡子規 有名な句

明治27年

秋の句

黍からや鶏あそぶ土間の隅

朝川の薑を洗ふ匂かな

稲の花道灌山の日和かな

稲の穂や南に凌雲閣低し

脛に立つ水田の晩稲刈る日かな

掛稲や野菊花咲く道の端

掛稲に螽飛びつく夕日かな

雨含む上野の森や稲日和

初めの冬の句

日のあたる石にさはればつめたさよ

湖青し雪の山〃鳥帰る

建石や道折り曲る冬木立

根岸草庵

冬枯や隣へつゞく庵の庭

終りの冬の句

佐倉

ともし行く灯や凍らんと禰宜が袖

青〃と冬を根岸の一つ松

下総や冬あたゝかに麦畠

巨燵して語れ真田が冬の陣

いくさから便とゞきし巨燵かな

絵屏風の倒れかゝりし火桶かな

何となく奈良なつかしや古暦

ほつかりと日のあたりけり霜の塔

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?