サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

正岡子規 有名な句

明治27年

夏の句

晏起

天窓の若葉日のさすうがひ哉

谷中

猫の塚お伝の塚や木下闇

夏桜石を火に焚く山家哉

夏柳家鴨養ふ小池哉

蛇逃げて山静かなり百合の花

秋の句

碧梧桐虚子を伴ひて

初秋や三人つれだちてそこらあたり

猫に紙袋をかぶせたる画に

何笑ふ声そ夜長の台所

動物園

秋高く魯西亞の馬の寒げなり

秋はまた春の残りの三阿彌陀

御院田にて鳴雪不折両氏に別る

月の根岸闇の谷中や別れ道

芋阪に名物の団子あり

芋阪も団子も月のゆかりかな

ひつじだや痩せて慈姑の花一つ

鵙鳴くや十日の雨の晴際を

鵙鳴くや藪のうしろの蕎麦畠

鵙鳴くや晩稲掛けたる大師道

郊外散歩

鵙鳴て妙義赤城の日和かな

鵯や昼の朝顔花細し

稲雀稲を追はれて唐秬へ

赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり

刈株に螽老い行く日数かな

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?