サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

正岡子規 有名な句

明治26年

冬の句

一つ家に鴨の毛むしる夕哉

椽に干す蒲団の上の落葉哉

冬枯や巡査に吠ゆる里の犬

明治27年

新年の句

父母います人たれたれそ花の春

灯を消して元日と申庵哉

春日野の子の日に出たり六歌仙

春の句

旃檀のほろほろ落る二月哉

宝生新朔の谷行を見て

三月を此能故に冴え返る

蜑の子の足に波うつ春日哉

薄絹に鴛鴦縫ふや春の風

女つれて春の野ありき日は暮ぬ

山道や人去て雉あらはるゝ

古沼の芥に春の小魚かな

梅を見て野を見て行きぬ草加まで

土手一里依〃恋〃と柳哉

史家村の入口見ゆる柳かな

悼静渓叟

其まゝに花を見た目を瞑がれぬ

紫の夕山つつじ家もなし

夏の句

大風の俄かに起る幟かな

絶えず人いこふ夏野の石一つ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?