サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

正岡子規 有名な句

明治26年

秋の句

蕣の入谷豆腐の根岸哉

漱石来る

蕣や君いかめしき文学士

行脚より帰りて

蕣に今朝は朝寝の亭主あり

五文づゝに分けて淋しや草の花

嵐雪の黄菊白菊庵貧し

縁日へ押し出す菊の車かな

菊売るや十二街頭の塵の中

菊あれて鶏ねらふ鼬かな

隣からともしのうつるはせを哉

羯南氏住居に隣れば

芭蕉破れて書読む君の声近し

茸狩や鳥啼て女淋しがる

初めの冬の句

旃檀の実ばかりになる寒さ哉

つるされて尾のなき鴨の尻淋し

杉の雪一町奥に仁王門

馬の尻雪吹きつけてあはれなり

冬の句

たらちねのあればぞ悲し年の暮

草庵

薪をわるいもうと一人冬籠

律僧の紺足袋穿つ掃除かな

旅人の蜜柑くひ行く枯野哉

信長の榎残りて枯野哉

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?