サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

正岡子規 有名な句

明治26年

夏の句

神社新築

蚊柱やふとしきたてゝ宮造り

我書て紙魚くふ程に成にけり

孑孑の蚊になる頃や何学士

下闇や八町奥に大悲閣

根岸

青梅や黄梅やうつる軒らんぷ

くひながら夏桃売のいそぎけり

茨さくや根岸の里の貸本屋

河骨の水を出兼る莟哉

瓜ぬすむあやしや御身誰やらん

関山の茶屋にやすんで

我はまた山を出羽の初真桑

秋の句

二百十日

我背戸に二百十日の茄子哉

病中

妹に軍書読まする夜長哉

梶の葉に雑の歌書く女哉

湯田温泉

山の温泉や裸の上の天の川

湯田温泉

白露に家四五軒の小村哉

暁の霧しづか也中禅寺

出羽

夕陽に馬洗ひけり秋の海

月の出や皆首立てゝ小田の雁

鵙なくや雑木の中の古社

木槿咲く土手の人馬や酒田道

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?