サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

正岡子規 有名な句

明治25年

終りの冬の句

干嶋艦覆没

ものゝふの河豚にくはるゝ悲しさよ

麦蒔やたばねあげたる桑の枝

木の葉やく寺のうしろや普請小屋

明治26年

新年の句

僧赤く神主白し国の春

口紅や四十の顔も松の内

橙や裏白がくれなつかしき

藪入や思ひは同じ姉妹

万歳や黒き手を出し足を出し

春の句

松宇亭に桃雨猿男と會して

四人の丸くなつたる餘寒かな

病中送人

君行かばわれとゞまらば冴返る

母の詞自ら句になりて

毎年よ彼岸の入に寒いのは

巨燵なき蒲団や足ののべ心

魚肥たり七十二灘上り簗

人もなし野中の杭の凧

摘草や三寸程の天王寺

苣の木に雀囀る春日哉

はしためのかもじ千たる雪解哉

鶯の淡路へわたる日和哉

妻におくれたる秋虎がもとへ

鶯や朝寝を起す人もなし

病中

鶯の梅に下痢する餘寒哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?