サイト内検索

凡例

草庵の囲ひあるとある限り蕣はひつかせて朝な朝な楽みしにある日家主なる人の使して杉垣枯れなんとて盡くそを引かせたる誠に悲しく浮世のさまなりける

朝顔の引き捨てられし莟かな

明治27年 秋 朝顔 寒山落木 三

寒山落木 巻三 秋の句 573句 401
『朝顔 あさがお』が含まれる子規の句

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 29

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)朝顔 154

子規句集(高浜虚子選) 106

子規全集 掲載ページ画像

講談社版2 115

講談社版2 115

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像
正岡子規

肖像 明治34年

明治27年 子規28歳

Webm旅 2010年9月号 正岡子規 有名句 『阪は木の実乞食此頃見えずなりぬ』のページへ Webm旅 2010年9月号 正岡子規 有名句 『小法師に心ゆるすな女郎花』のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?