サイト内検索

2010年6月号

大阪方眼図ロゴ

Contents

今月のつぶやき ゴールデンウィークの休暇分散化案に反対

大阪 戎橋

 ゴールデンウィークの休暇分散化案に反対する。
 人は誰しもエゴを持ち、自分に都合のいい意見を言うものだ。ある人気旅館の経営者が、休暇分散化案について観光産業全体にとってプラスになるということを説いていたが、そうは思わない。ゴールデンウィーク中は予約が殺到し、予約を断っているというその経営者の旅館にとっては、休暇を分散化すればするほど、需要は平準化し、断っていた予約も受けることができて大いにプラスだ。
 簡単に言えば、これまで升(人気旅館・ホテルのキャパシティ)からこぼれた分の宿泊予約は、それ以外の宿泊施設、つまり人気第二グループの旅館・ホテルに、そこも一杯になったら、第三グループといきわたっていき、宿泊業界全体にお金は落ちていた。もし、分散化すれば、人気上位20%(5つの地区に分散するとして)の宿泊施設が一番恩恵を受けることになり、人気のない施設は、年に数回しかない利益を出す機会を失ってしまう。
 人によっては、ヌルいことを言うな、適者生存、ダメな宿泊業者には市場から退場してもらえばイイと考えるかもしれないが、これはわが国の観光産業全体にとって、大きなマイナスだ。製造業にとっての性能のような絶対的な指標は、観光関連産業にはありえない。人気というあやふやなものによって勝ち負けがきまっている。人気など移ろいやすいだけに、世の中のトレンドがかわり、今はゴールデンウィークにやっと予約が入るような旅館が、5年後、10年後は人気の旅館になることもありえる。長い目で見れば多様性を保持していくことが観光産業全体にとってベストな選択だ。観光立国を目指す上でも、現在の多様性は大きな魅力であり、休暇分散化案はわが国の観光産業の魅力を失わせる間違った政策だ。適者生存の結果、コンビニだらけになった日本の街の風景を見てあなたは何かを感じないだろうか?
 当ウェブマガジンは、ゴールデンウィークの休暇分散化案に反対する。
平成22(2010)年7月16日

外部リンク

休暇取得促進 | 関連施策(休暇関係等) | 施策 | 観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kanren/kyuka.html

観光立国推進本部 休暇分散化ワーキングチーム
http://www.mlit.go.jp/kankocho/iinkai/suishinhonbu/kyuka_wt.html

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

Webm旅 17号

次号予告

さよなら、うめさおさん

2010.01月号

旅のパラメーター

2009.11 東京特集

新東京方眼図

2009.08 日本一周特集

今年の夏は日本一周

2009.07 大阪特集

つゆは大阪3

2009.03 名古屋特集

ナゴヤA3文書

2009.01月号

旅はプロセスが大切

2008.11 東京特集

東京のいい街には
いちょうがあります2

2008.09 九州特集

ウルトラQ州(九州)

2008.07 横浜特集

ヨコハマの人になる

2008.06 大阪特集

つゆは大阪2

2008.03 四国特集

4をラッキーナンバーに

2008.01 熱海特集

熱海は本当にがっかりか?

2007.11 東京特集

東京のいい街には
いちょうがあります

2007.9 沖縄本島特集

本島いきあたりばったりを
いきたいところばっかりに

2007.7 名寄岩をさがして

探求探索行動(exploratory seeking)型夏休み旅行の提案。

創刊号 つゆは大阪

梅雨 日本最高のディスティネーションは大阪でした