サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

炭 すみ

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 シンプルなページに移動

子規俳句 季語・季題検索 冬 人事 炭 すみ

炭 すみ 炭火 すみび 木炭 もくたん 堅炭 かたずみ 軟炭 やわらずみ 消炭 けしずみ 土竈炭 どがまずみ 炭屑 すみくず 炭の香 すみのか 鞍馬炭 くらまずみ 小野炭 おのずみ 佐倉炭 さくらずみ 新炭 あらずみ 舊炭 ひねずみ 粉炭 こなずみ 炭叱り すみしかり 白炭 しろずみ 備長 びんちょう 横山炭 よこやまずみ 花炭 はなずみ 炭納屋 すみなや 炭挽く すみひく 炭売 すみうり

図説俳句大歳時記 冬 254ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 130ページ 愛蔵版 920ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬505ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治25年

炭二俵壁にもたせて冬こもりこの句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 164改造社版1 134・講談社版1 154

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 28

明治26年

奥山の木の葉もまじる粉炭哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 192改造社版1 156・講談社版1 181

水仙にはたきかけたる粉炭かなこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 192改造社版1 156・講談社版1 181

炭出しに行けば師走の月夜哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 446改造社版1 356・講談社版1 387

収載句集

寒山落木抄

子規句集(高浜虚子選) 81

明治27年

猿殿の小便くさしいぶり炭この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 495改造社版1 394・講談社版2 16

爐開きや炭も桜の帰り花この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 652改造社版1 517・講談社版2 136

売れ残る炭をおろせば霰かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 662改造社版1 525・講談社版2 144

明治28年

鋸に炭切る妹の手ぞ黒きこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 360

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 181

明治29年

やゝもすれば堅炭の火の消えんとすこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 252改造社版3 202・講談社版2 596

水仙と炭取と並ぶ夜市哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 283改造社版3 226・講談社版2 620

明治30年

炭はねて待人遅し鼠鳴くこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 396改造社版3 314・講談社版3 105

露石の運座の硯に

来山は消し炭淡〃はいぶり炭この句をメールに添付

来山は消し炭淡々はいぶり炭 (子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子))

子規全集

アルス版3 400改造社版3 317・講談社版3 109

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)炭 196

明治31年

炭取の粉炭をはたく埃り哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

炭はねて眼をしばたゝく泪哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

炭積んで白河下る荷汽車哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

油買ふて炭買ふことを忘れたりこの句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

炭はねて始まらんとする茶の湯哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

炭取の炭にまじりぬ歯朶の屑この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

炭はねて七堂伽藍灰となりぬこの句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 515改造社版3 407・講談社版3 221

火消えて堅炭残る火鉢哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 516改造社版3 407・講談社版3 221

明治33年

京の俳人に寄す

蕪村の蕪大祇の炭や冬籠この句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 662改造社版3 524・講談社版3 364

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬籠 193

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…