サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

乾鮭 からざけ

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 シンプルなページに移動

子規俳句 季語・季題検索 冬 人事 乾鮭 からざけ

乾鮭 からざけ 乾鮭 からじゃけ 干鮭 ほしざけ 干鮭 ほしじゃけ

図説俳句大歳時記 冬 234ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 106ページ 愛蔵版 898ページ 講談社

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治25年

乾鮭も熊も釣らるゝ師走哉この句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 167改造社版1 137・講談社版1 157

乾鮭の腹ひやひやと風の立つこの句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 170改造社版1 139・講談社版1 160

収載句集

寒山落木抄

明治26年

雪のくれ乾鮭さげて戻りけりこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 467改造社版1 372・講談社版1 402

明治28年

乾鮭に鶯を待つ裏家哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

乾鮭のつら並べたる檐端哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

明治29年

里町や乾鮭の上に木葉散るこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 276改造社版3 220・講談社版2 615

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 93

草庵の富貴は越の乾鮭南部の山鳥を憎られて

乾鮭と山鳥とつるす廚哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 276改造社版3 221・講談社版2 615

明治30年

乾鮭は魚の枯木と申すべくこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 407改造社版3 323・講談社版3 116

乾鮭の切口赤き厨かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 323・講談社版3 116

老僧は人にあらず乾鮭は魚に非ずこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

収載句集

春夏秋冬 冬 乾鮭 70

熊売つて乾鮭買ふて帰りけりこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

乾鮭や市に隠れて貧に處すこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

収載句集

春夏秋冬 冬 乾鮭 70

乾鮭の髑髏に風の起る哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

孟子乾鮭を好み筍子河豚を愛すこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

乾鮭北より柚味噌南より到るこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

乾鮭は成仏したる姿かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 408改造社版3 324・講談社版3 117

から鮭のさしみや鴨はもらひ物この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 409改造社版3 325・講談社版3 118

明治31年

から鮭の阪東武士が最期哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 530改造社版3 418・講談社版3 235

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)乾鮭 204

乾鮭や頭は剃らぬ世捨人この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 530改造社版3 419・講談社版3 235

収載句集

春夏秋冬 冬 乾鮭 70

明治32年

乾鮭をもらひ蜜柑を贈りけりこの句をメールに添付

俳句稿 明治32年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 608改造社版3 479・講談社版3 309

明治33年

乾鮭の頭めでたし鬼退治この句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 666改造社版3 527・講談社版3 368

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)乾鮭 204

月渓かかける蕪村の像の写しを見て

乾鮭に目鼻つけたる御姿この句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 667改造社版3 527・講談社版3 368

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)乾鮭 204

子規句集(高浜虚子選) 274

明治34年

乾鮭にわびし日頃や薬喰この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 708改造社版3 558・講談社版3 420

収載句集

春夏秋冬 冬 薬喰 46

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…