サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

冬 ふゆ

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 シンプルなページに移動

子規俳句 季語・季題検索 冬 時候  冬 ふゆ

冬 ふゆ 三冬 さんとう 九冬 きゅうとう 玄冬 げんとう 玄英 げんえい 玄冥 げんめい 安寧 あんねい 静順 せいじゅん 黒帝 こくてい 玄帝 げんてい ?? せんぎょく 上天 じょうてん 羽音 うおん 律檀 りつだん 冬帝 とうてい 冬将軍 ふゆしょうぐん 厳冬 げんとう

図説俳句大歳時記 冬 2ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 22ページ 愛蔵版 822ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬449ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治24年

冬 動物

水鳥の四五羽は出たり枯尾花この句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 41改造社版1 40・講談社版1 42

明治25年

骨折で四五輪さきぬ冬のうめこの句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 164改造社版1 134・講談社版1 155

稲かりて力無き冬の初日哉この句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 174改造社版1 141・講談社版1 163

石原に根強き冬の野菊哉この句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 178改造社版1 145・講談社版1 167

明治26年

一冬や簀の子の下の炭俵この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 192改造社版1 156・講談社版1 181

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 37

きぬぎぬの鴉見にけり嵯峨の冬この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 444改造社版1 354・講談社版1 385

寄席に遊びて

とにかくにをかしき冬の扇哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 444改造社版1 354・講談社版1 385

画讃 (雪達摩)

此下に冬寵の蟇眠るらんこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 467改造社版1 373・講談社版1 403

野の宮の鳥居も冬の木立哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 475改造社版1 379・講談社版1 409

明治27年

枯蔦や石につまづく宇都の山この句をメールに添付

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 明治27年冬の頁

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 501改造社版1 399・講談社版2 20

収載句集

寒山落木抄

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 35

淋しさもぬくさも冬のはじめ哉この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 643改造社版1 510・講談社版2 129

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 110

嶋原や笛も大鼓も冬の音この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 650改造社版1 515・講談社版2 134

青〃と冬を根岸の一つ松この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 650改造社版1 515・講談社版2 135

収載句解等

子規句解 38

巨燵して語れ真田が冬の陣この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 652改造社版1 517・講談社版2 136

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 32

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)炬燵 195

しくるゝや鶏頭黒く菊白しこの句をメールに添付

しぐるゝや鶏頭黒く菊白し 春夏秋冬 冬

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 657改造社版1 521・講談社版2 139

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 112

春夏秋冬 冬 時雨 50

よるべなき冬の野川の小魚かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 665改造社版1 527・講談社版2 146

大石のころがる冬の河原かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 665改造社版1 527・講談社版2 146

待乳山

鳥帰る冬の林の塔暮れたりこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 674改造社版1 534・講談社版2 153

明治28年

大木のすつくと高し冬の門この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 356

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 178

音もなし冬の小村の八九軒この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 356

冬や今年我病めり古書二百巻この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 356

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 179

冬や今年今年や冬となりにけりこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 356

冬や今年われ古里にこもりけりこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 361

上人のたよりまれなり冬の菊この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 386

古沓や人おちぶれて冬の菊この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 386

冬菊や下雪隠へ行く小道この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 387

明治29年

家二軒杉二本冬の鴉飛ぶこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 248改造社版3 199・講談社版2 593

戸を閉ぢた家の多さよ冬の村この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 248改造社版3 199・講談社版2 593

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 216

冬を誰いさゝむら竹茶の煙この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 248改造社版3 199・講談社版2 593

煎餅干す日影短し冬の町この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 249改造社版3 199・講談社版2 593

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 86

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬雑 175

春夏秋冬 冬 冬雑 8

礎を起せば蟻の冬ごもりこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 249改造社版3 199・講談社版2 593

久松伯宴を紅葉舘に賜はる 二句

母人へ冬の筍もて帰るこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 249改造社版3 199・講談社版2 594

君か代は冬の筍親五十この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 249改造社版3 199・講談社版2 594

日にうとき樫の木原や冬住居この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 249改造社版3 200・講談社版2 594

きぬぎぬや冬の有明寒鴉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 260改造社版3 208・講談社版2 602

ぼくぼくと冬の木並ぶ社哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 281改造社版3 224・講談社版2 619

明治30年

青山や弔砲鳴つて冬の行くこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 392改造社版3 311・講談社版3 102

草庵

冬さびぬ蔵澤の竹明月の書この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 392改造社版3 312・講談社版3 102

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬雑 175

子規句集(高浜虚子選) 235

収載句解等

子規句解 70

根岸名所の内

かいまみる寒竹長屋冬の婆この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

薔薇赤く菊猶存す冬の庵この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

筮竹に塵なき冬の机かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

明治31年

冬の宿狼聞て温泉のぬるきこの句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 512改造社版3 404・講談社版3 218

熊に似て熊の皮著る穴の冬この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 512改造社版3 404・講談社版3 218

桜画く冬の扇や物狂この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 512改造社版3 404・講談社版3 218

繙いて冬の部に入る井華集この句をメールに添付

繙いて(ひもといて)

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 512改造社版3 405・講談社版3 218

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 250

伐株や紅盡きし冬の園この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 513改造社版3 405・講談社版3 219

御幸待つ冬の小村の国旗哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 513改造社版3 405・講談社版3 219

乏しからぬ冬の松魚や日本橋この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 513改造社版3 406・講談社版3 219

本所区に編入されぬ冬住居この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 520改造社版3 411・講談社版3 225

雉つけて帰る一騎や冬の原この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 528改造社版3 417・講談社版3 233

濕気多き根岸の庭や冬の菊この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 533改造社版3 421・講談社版3 238

明治32年

住みなれて冬の蜆や向島この句をメールに添付

俳句稿 明治32年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 598改造社版3 472・講談社版3 300

築地行けば垣根の薔薇や冬の花この句をメールに添付

俳句稿 明治32年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 598改造社版3 472・講談社版3 300

のら猫の糞して居るや冬の庭この句をメールに添付

俳句稿 明治32年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 599改造社版3 472・講談社版3 301

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬雑 176

子規句集(高浜虚子選) 262

収載句解等

子規句集講義 冬雑 50

明治33年

香墨台湾へ行に二句

袷著て花さく冬を羨みぬこの句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 660改造社版3 522・講談社版3 362

冬の季にやゝ暑してふ題あらんこの句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 660改造社版3 522・講談社版3 362

蕪村遺稿刻成

冬の部に河豚の句多き句集哉この句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 661改造社版3 522・講談社版3 363

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬雑 176

髯のある雑兵ともや冬の陣この句をメールに添付

俳句稿 明治33年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 661改造社版3 522・講談社版3 363

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬雑 176

子規句集(高浜虚子選) 273

明治34年

冬雑〔五句〕

朝な朝な粥くふ冬となりにけりこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 707改造社版3 558・講談社版3 419

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 281

春夏秋冬 冬 冬雑 7

小百姓冬物買ひに出たりけりこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 707改造社版3 558・講談社版3 419

収載句集

春夏秋冬 冬 冬雑 8

新しき銭湯出来つ冬の町この句をメールに添付

新しく銭湯出来つ冬の町 (子規全集 改造社版)

子規全集

アルス版3 707改造社版3 558・講談社版3 419

物の寂猿蓑冬にはじまりぬこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 707改造社版3 558・講談社版3 419

菓物に乏しくもあらず冬の庵この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 707改造社版3 558・講談社版3 419

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…