サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

冬田 ふゆた

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 シンプルなページに移動

子規俳句 季語・季題検索 冬 地理 冬田 ふゆた

冬田 ふゆた 冬田道 ふゆたみち 冬の田 ふゆのた 休め田 やすめた 冬田面 ふゆたのも 雪の田 ゆきのた

図説俳句大歳時記 冬 107ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 85ページ 愛蔵版 877ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬492ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治26年

みぞるゝやふけて冬田の薄明りこの句をメールに添付

みぞるゝやふけて水田の薄明り (寒山落木抄)

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 195改造社版1 158・講談社版1 183

収載句集

寒山落木抄

刈あとの株に海苔つく冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 469改造社版1 374・講談社版1 404

収載句集

寒山落木抄

いなむらの崩れて黒き冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 469改造社版1 374・講談社版1 404

雁落ちて冬田に崩す一文字この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 469改造社版1 374・講談社版1 404

明治27年

つらつらと雁並びたる冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 666改造社版1 527・講談社版2 146

稗時に案山子の残る冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 666改造社版1 527・講談社版2 147

長長と冬田に低し雁の列この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 666改造社版1 528・講談社版2 147

吉原の廓見えたる冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 666改造社版1 528・講談社版2 147

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 666改造社版1 528・講談社版2 147

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 33

身を投げて螽死なんとす冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 666改造社版1 528・講談社版2 147

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 33

明治28年

あぜ許り見えて重なる冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 184

駒込の阪を下れば冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

汽車道の目標高き冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

科頭に烏のとまる冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

汽車道の一段高き冬田かなこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 60

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬田 186

子規句集(高浜虚子選) 184

春夏秋冬 冬 冬田 60

見下せば晩稲の残る冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

菜畠もまじりて広き冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

明治29年

雁さわぐ冬の田面の月もなしこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 271改造社版3 217・講談社版2 611

其はてに海の見えたる冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 271改造社版3 217・講談社版2 611

きぬぎぬの大門出れば冬田哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 271改造社版3 217・講談社版2 612

明治30年

水多き冬田の慈姑枯れて立つこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 407改造社版3 323・講談社版3 116

水深く水草見ゆる冬田哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 407改造社版3 323・講談社版3 116

明治31年

道哲の寺を過ぐれば冬田哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 527改造社版3 417・講談社版3 233

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬田 186

子規句集(高浜虚子選) 253

地租増徴

此辺も税の増したる冬田哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 528改造社版3 417・講談社版3 233

明治32年

行き行きて本所はなるゝ冬田哉この句をメールに添付

俳句稿 明治32年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 607改造社版3 478・講談社版3 308

明治34年

冬田〔五句〕

泥深き小田や田螺の冬籠この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 711改造社版3 561・講談社版3 426

家めぐる冬田の水の寒さかなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 713改造社版3 563・講談社版3 426

収載句集

春夏秋冬 冬 冬田 60

貧乏な村をとりまく冬田かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 713改造社版3 563・講談社版3 426

冬田広く遥かに見ゆる小城かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 714改造社版3 563・講談社版3 426

緒の切れし下駄捨てゝある冬田かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 714改造社版3 563・講談社版3 426

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…