サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

鷹 たか

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 シンプルなページに移動

子規俳句 季語・季題検索 冬 動物 鷹 たか

鷹 たか のすり 角鷹 くまたか ちゅうひ 蒼鷹 あおたか 鳶 とび 八角鷹 はちくま 鶚 みさご 熊鷹 くまたか 馬糞鷹 まぐそだか 馬糞つかみ まぐそつかみ 鷂 はいたか はしたか 雀鷂 つみ 刺羽 さしば 兄鷂 このり 雀さい えっさい 悦哉 えっさい 大鷹 おおたか 小鷹 こたか のせ 鷸子 つぶり 荒鷹 あらたか 若鷹 わかたか 寒鷹 かんだか

図説俳句大歳時記 冬 424ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 206ページ 愛蔵版 990ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬522ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治25年

明の月白ふの鷹のふみ崩すこの句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 179改造社版1 146・講談社版1 169

わろひれす鷹のすわりし嵐哉この句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 181改造社版1 147・講談社版1 170

明治26年

あら鷹の眼血ばしる吹雪かなこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 198改造社版1 160・講談社版1 185

収載句集

寒山落木抄

据て行く鷹の目すごし市の中この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 472改造社版1 376・講談社版1 406

鷹それて夕日吹きちる嵐哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 472改造社版1 376・講談社版1 406

収載句集

寒山落木抄

明治27年

ましらふの鷹据ゑて行くあら野哉この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 669改造社版1 530・講談社版2 149

はし鷹の拳はなれぬ嵐かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 669改造社版1 530・講談社版2 149

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 33

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)鷹 203

子規句集(高浜虚子選) 113

明治28年

吹き乱す吹雪の鷹の鈴暮れたりこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 371

草枯や鷹に隠れて飛ぶ雀この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 384

明治29年

鶴の羽の抜けて残りぬ力草この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 259改造社版3 207・講談社版2 601

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 88

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)力草 203

春夏秋冬 冬 鷹 65

野路の人鷹はなしたるけしき哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 273改造社版3 218・講談社版2 613

それ鷹の斜めに下りる枯野哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 273改造社版3 218・講談社版2 613

鷹鶴を押へて落ぬ麦畑この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 273改造社版3 218・講談社版2 613

明治30年

鷹据て人憩ひ居る野茶屋哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 410改造社版3 325・講談社版3 119

収載句集

春夏秋冬 冬 鷹 65

献上の鷹据ゑて行く裾野哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 410改造社版3 326・講談社版3 119

献上の鷹に逢ひけり原の駅この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 410改造社版3 326・講談社版3 119

献上の鷹通りけり箱根駅この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 410改造社版3 326・講談社版3 119

献上や五十三次鷹の旅この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 410改造社版3 326・講談社版3 119

収載句集

春夏秋冬 冬 鷹 65

明治31年

鷹据うる人に逢ひけり原の中この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 530改造社版3 418・講談社版3 235

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…