サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

鴨 かも

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 シンプルなページに移動

子規俳句 季語・季題検索 冬 動物 鴨 かも

鴨 かも 青頸 あおくび 真鴨 まがも 小鴨 こがも 巴鴨 ともえがも 味鴨 あじがも あじむら 鈴鴨 すずがも 葦鴨 あしがも 蓑鴨 みのがも みのよし 尾長鴨 おなががも 鴨の浮寝 かものうきね 鴨の共立 かものともだち 鴨池 かもいけ 葭鴨 よしがも 蓑葭 みのよし 星羽白 ほしはじろ 金黒羽白 きんくろはじろ 頬白鴨 ほおじろがも 黒鴨 くろがも しのり鴨 しのりがも 海秋沙 うみあいさ 河秋沙 かわあいさ 巫秋沙 みこあいさ あいさ 鴨打 かもうち 鴨舟 かもぶね 鴨道 かもみち

図説俳句大歳時記 冬 440ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 211ページ 愛蔵版 995ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬520ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治24年

鴨ねるや舟に折れこむ枯尾花この句をメールに添付

寒山落木 一 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 41改造社版1 40・講談社版1 42

明治26年

鴨のなく雑木の中の小池哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 194改造社版1 158・講談社版1 182

収載句集

寒山落木抄

日あたりの入江にたまる小鴨哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 194改造社版1 158・講談社版1 182

収載句集

寒山落木抄

つるされて尾のなき鴨の尻淋しこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 194改造社版1 158・講談社版1 182

収載句集

寒山落木抄

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 20

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)鴨 202

背戸あけて家鴨よびこむしくれ哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 457改造社版1 364・講談社版1 393

収載句集

寒山落木抄

子規句集(高浜虚子選) 82

首立てゝ家鴨つれたつしくれ哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 457改造社版1 365・講談社版1 393

竹藪の裏は鴨鳴く入江哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 471改造社版1 375・講談社版1 405

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)鴨 202

鴨啼て小鍋を洗ふ入江哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 471改造社版1 376・講談社版1 405

収載句集

寒山落木抄

一つ家に鴨の毛むしる夕哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 471改造社版1 376・講談社版1 406

収載句集

寒山落木抄

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 21

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)鴨 202

明治27年

草枯れて池の家鴨の寒げ也この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 500改造社版1 399・講談社版2 19

凩や葎を楯に家鴨二羽この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 659改造社版1 522・講談社版2 141

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)凩 178

冬川の菜屑啄む家鴨かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 665改造社版1 527・講談社版2 146

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 33

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬の川 186

子規句集(高浜虚子選) 113

春夏秋冬 冬 冬川 61

夜更けたり何にさわだつ鴨の声この句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 668改造社版1 529・講談社版2 148

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 113

灯ちらちら鴨鳴く家のうしろかなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 668改造社版1 529・講談社版2 148

首入れて落葉をかぶる家鴨かなこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 670改造社版1 531・講談社版2 150

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 34

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)落葉 210

古池や柳枯れて鴨石に在りこの句をメールに添付

寒山落木 三 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 674改造社版1 534・講談社版2 153

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 34

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)枯柳 208

明治28年

冬川に鴨の毛かゝる芥かなこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 375

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 60

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬の川 186

古濠の小鴨も居らぬ氷かなこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 376

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 184

鴨啼くや上野は闇に横はるこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 377

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 185

古池や凍りもつかで鴨の足この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 377

鴨は見るばかり味噌汁酒の燗この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 377

搦手や昼凄うして濠の鴨この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 377

内濠に小鴨のたまる日向哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 377

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)鴨 202

子規句集(高浜虚子選) 186

蓮枯れて氷に眠る小鴨哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

明治29年

冬川や家鴨四五羽に足らぬ水この句をメールに添付

冬川や家鴨七羽に足らぬ水 春夏秋冬 冬

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 271改造社版3 217・講談社版2 612

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 92

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬の川 186

春夏秋冬 冬 冬川 61

鴨一羽飛んで野川の暮にけりこの句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 275改造社版3 219・講談社版2 614

鴨啼いてともし火消すや長た亭この句をメールに添付

鴨啼いてともし火消すや長蛇亭 (寒山落木抄)

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 275改造社版3 220・講談社版2 614

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 93

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)鴨 202

夜を鳴いて昼を寝て居る小鴨哉この句をメールに添付

寒山落木 五 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 275改造社版3 220・講談社版2 614

明治30年

から鮭のさしみや鴨はもらひ物この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 409改造社版3 325・講談社版3 118

明治31年

蕪村忌の風呂吹くふや鴨の側この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 524改造社版3 414・講談社版3 229

冬籠盥になるゝ小鴨哉この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 524改造社版3 414・講談社版3 229

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 252

屠蘇強ふや鴨汁盡きて蠣の汁この句をメールに添付

俳句稿 明治31年 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版3 530改造社版3 419・講談社版3 235

明治34年

居る程の小鴨動かぬ浮寝かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 714改造社版3 563・講談社版3 427

明治35年

霜夜

不忍の鴨寝静まる霜夜かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 757改造社版3 598・講談社版3 432

収載句集

春夏秋冬 冬 霜夜 9

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…