サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治29年

禿倉暗く水仙咲きぬ藪の中

月落ちたり水仙白き庭の隅

有明の水仙剪るや庭の霜

新築

何も彼も水仙の水も新しき

冬枯 ふゆがれ

冬枯れて鳥居一つや土手の上

冬枯や神住むべくもなき小宮

冬枯や粲爛として阿房宮

冬枯れて馬鹿も利口もなかりけり

冬枯や百穴見ゆる雑木山

冬枯や提灯走る一の谷

冬枯や草鞋くはへて飛ぶ鴉

冬枯や小笹の中の藪柑子

冬枯や庚申堂の小豆飯

冬枯や八百屋の店の赤冬瓜

冬枯や塵のやうなる虫が飛ぶ

冬枯の地蔵の辻に追剥す

草枯や土鍋を洗ふ化粧井

明寺の霜枯に鳴く鼬哉

裾山や根笹まじりに冬枯るゝ

草枯や一もと残る何の花

前のページへ 018 019 020 021 022 023 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…