サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治29年

汽車道に鳩の下り居る枯野哉

提灯の一つ家に入る枯野哉

提灯の星にまじりて枯野哉

一つ家に鉦打ち鳴らす枯野哉

わらんべの犬抱いて行く枯野哉

鉦も打たで行くや枯野の小順礼

冬田 ふゆた

雁さわぐ冬の田面の月もなし

其はてに海の見えたる冬田哉

きぬぎぬの大門出れば冬田哉

冬川 ふゆかわ

冬川や魚の群れ居る水たまり

冬川や家鴨四五羽に足らぬ水

物やあらん烏集まる冬の川

氷 こおり

汐落ちて氷の高き渚哉

日かゝやく諏訪の氷の人馬哉

上げ汐の氷にのぼる夜明哉

森の中に池あり氷厚き哉

汐落ちてみを杭高き氷哉

沼の隅に枯蘆残る氷哉

枯菰の折れも盡さで氷哉

水鳥の浮木に並ぶ氷哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…