サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治29年

夜明からふれども雪の積まぬげな

杉垣の上から雪の上野哉

鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ

ちらちらと初雪ふりぬ波の上

合羽つゞく雪の夕の石部駅

南天に雪吹きつけて雀鳴く

市中や雪ちらちらと昼嵐

水涸れて雪つもりたる筧哉

ふりやむや雪に灯ともる峰の寺

古庭の雪に見出だす葵哉

不盡の山雪盛り上げし姿哉

水汲むや雪の合羽の女とは

大雪や関所にかゝる五六人

大雪の上にほつかり朝日哉

風雪を吹きつけて馬逡巡す

夜の雪辻堂に寝て美女を夢む

夜の雪やどこまで小き足の跡

雪かいかい王城の松美なる哉

雪の夜や隅田の渡し舟はあれど

病中雪四句

雪ながら竹垂れかゝる手水鉢

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…