サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治29年

音のして霰も見えず藪の中

鍋焼の行燈を打つ霰かな

帆柱や大きな月にふる霰

音のして藁火に消ゆる霰哉

藁灰にまぶれてしまふ霰哉

琵琶を聴く

四絃一齊霰たばしる畳哉

雪 ゆき

走り来る禿に聞けば夜の雪

灯のともる東照宮や杉の雪

勘当の子を思ひ出す夜の雪

吉原や眼にあまりたる雪の不盡

刈り残す薄の株の雪高し

世の中を知らねば人の雪見哉

丈低き夷の家や雪の原

五六人熊擔ひ来る雪の森

一つ家のともし火低し雲の原

仲町や禿もまじり雪掻す

古園や桃も李も雪の花

声悲し鴉の腹に雪を吹く

町近く来るや吹雪の鹿一つ

蓑はあれど笠はあれど雪にわれ病めり

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…