サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治29年

大牛の路に塞がる時雨哉

杉の空しぐるゝ駕の見えて行

樫の木に時雨鳴くなり谷の坊

樫の木に時雨鳴るなり谷の坊

入獄者に贈る

世の中はしぐるゝに君も痩せつらん

鴫立庵の図に題す

西行も虎もしぐれておはしけり

初恋

恋ともなしくれそめたる袂哉

庭前

しぐれしてねぢけぬ菊の枝もなし

病中二句

しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上

小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん

琵琶を聴く

そうそうとしぐるゝ音や四つの絲

凩 こがらし

凩や禰宜帰り行く森の中

凩夜を荒れて虚空火を見る浅間山

凩の草吹きわたる広野哉

凩やさかさに刎ねる水車

凩の中に灯ともす都哉

凩や燃えてころがる鉋屑

凩や野の宮荒れて犬くゞり

君待つ夜また凩の雨になる

椎の木に凩強し十二月

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…