サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木五

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治29年

男の童と女の童と遊ぶ巨燵哉

趙飛燕巨燵の上に舞はせばや

火桶 ひおけ

いもあらばいも焼かうもの古火桶

埋火 いけび

埋火やほのかにうつる人の顔

絶恋

埋火に恨みしそれも昔なり

炭 すみ

炭売にかへてとらする小魚哉

やゝもすれば堅炭の火の消えんとす

紙衣 かみこ

紙衣著て河豚くふたる顔もせず

紙衣著て出づれば我に星落る

今出飛白の発明者鍵谷かな子の功徳を彰さんとて伊予郡の人より句を乞はれて

おもしろや紙衣も著ずにすむ世也

頭巾 ずきん

紙ぎれに小銭を包む頭巾哉

僧正の頭巾かぶりぬ市の月

頭巾著て人行かふや山の道

頭巾脱いで名のりかけたるかたき哉

頭巾著て平家を語る盲哉

綿帽子 わたぼうし

爺と婆と江戸見に行くや綿帽子

綿衣 わたこ

脛あらはに薩摩飛白の綿子哉

綿衣黄也村医者と見えて供一人

蒲団 ふとん

夢さめて木曽の宿屋よ薄蒲団

寄宿舎の窓にきたなき蒲団哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…