サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

枯尾花風吹き絶えて月もなし

枯薄こゝらよ昔不破の関

枯芭蕉 かればしょう

なかなかに画師の庵の枯芭蕉

音のしてある夜倒れぬ枯芭蕉

枯芝 かれしば

枯芝に松緑なり丸の内

両側の枯芝高き小道かな

水仙 すいせん

水仙に黄檗の僧老いにけり

水仙にさはらぬ雲の高さ哉

水仙のいつまでかくて莟かな

水仙は只竹藪に老いぬべし

水仙に蒔絵はいやし硯箱

水仙にわびて味噌焼く火桶哉

古寺や大日如来水仙花

石蕗花 つわのはな・つわぶきのはな

日あたらぬ厠の陰の石蕗の花

明家や厠の陰の石蕗の花

日のあたる鍋の氷や石蕗の花

寒菊 かんぎく

上人のたよりまれなり冬の菊

寒菊や修覆半ばなる比丘尼寺

古沓や人おちぶれて冬の菊

薪をわりかけたる画に

寒菊の上にもの置く家陰哉

冬菊や下雪隠へ行く小道

冬牡丹 ふゆぼたん

尼寺に冬の牡丹もなかりけり

冬牡丹尼になりたくは思へども

葱 ねぎ

滄浪の水澄めらば葱を洗ふべし

ある夜葱筑波颪に折れ盡せり

古里に根深畠は荒れにけり

葱売の両国わたる夕かな

冬菜 ふゆな

根岸郊外二句

竹立てゝ冬菜をかこふ畠かな

水引くや冬菜を洗ふ一ト搆

前のページへ 023 024 025 026 027 次のページへ

寒山落木 巻五 明治29年冬の句へ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…