サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

冬枯やともし火通ふ桑畑

枯葎 かれむぐら

枯れ盡す葎の底の小松かな

枯れ盡す葎の底の小笹かな

葎枯れて雲わき起る石のあたり

草枯 くさがれ

草枯や雲にもうとき三笠山

草枯や堀割崩える二三間

草山の奇麗に枯れてしまひけり

草枯れて南大門未だ建たず

草枯や鷹に隠れて飛ぶ雀

枯菊 かれぎく

白菊の黄菊の何の彼の枯れぬ

菊枯るゝ南の窓ぞあたゝかき

垣朽ちて小菊枯れたり妹が家

枯菊に着綿程の雲もなし

幽霊に似て枯菊の影法師

露草枯 つゆくさかれる

野菊残り露草枯れぬ石の橋

枯蘆 かれあし

枯蘆や鶺鴒ありく水の隈

枯蓮 かれはす

蓮の実の飛ばずに枯れしものもあらん

枯薄 かれすすき

古塚に行きあたりけり枯薄

枯尾花水なき川の広さかな

尾花枯れて石あらはれぬ墓か否か

前のページへ 022 023 024 025 026 027 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…