サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

石手寺

山門や妙なところに枇杷の花

室の梅 むろのうめ

咲いたとてそれがどうした室の梅

早梅 そうばい

金杉や早梅一枝垣の外

寒椿 かんつばき

寒椿黒き仏に手向けばや

帰花 かえりばな

帰り咲く八重の桜や法隆寺

なかなかに咲くあはれさよ帰り花

冬枯 ふゆがれ

唐辛子妹が垣根も冬枯るゝ

古堀や水草少し冬枯るゝ

冬枯や奈良の小店の鹿の角

冬枯や烏のとまる刎釣瓶

冬枯や石臼残る井戸の端

冬枯や木もなき堤馬帰る

冬枯れて森の堺の柵長し

冬枯や馬の尿する原の中

冬枯の中に小菊の赤さかな

冬枯や鏡にうつる雲の影

冬枯るゝ土橋の縁の小草かな

冬枯や三の台場の高燈籠

冬枯や童のくゞる枳穀垣

仁王門の図に

冬枯や鳩驚いて屋根の上

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…