サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

古池に落葉つもりぬ水の上

窓の影夕日の落葉頻り也

落付きの知れぬ木の葉や風の空

二三枚落葉沈みぬ手水鉢

関守の木の葉燃やすや猫火鉢

吹き下す風の木の葉や壇かつら

庵寂びぬ落葉掃く音風の音

病起始めて門を出づ

はらはらと身に舞ひかゝる木葉哉

神田の銀杏樹を見て

落葉して北に傾く銀杏かな

落葉して鳥啼く里の老木哉

冬木 ふゆき

汽車道に冬木の影の並びけり

ことごとく藁を掛けたる冬木哉

真間寺や枯木の中の仁王門

冬木立 ふゆこだち

冬木立瀧ごうごうと聞えけり

絶壁に月かゝりけり冬木立

田の畦も畠のへりも冬木立

岡ぞひや杉の木まじり冬木立

煙突や千住あたりの冬木立

山門を出て八町の冬木立

片側は杉の木立や冬木立

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…