サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

凡例 シンプルなページに移動

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治28年

鰒も啼けこゝはきのふの船軍この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

乾鮭 からざけ・からさけ

乾鮭に鶯を待つ裏家哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

乾鮭のつら並べたる檐端哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

鯨 くじら

百艘の舟にとりまく鯨哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 61

冬蝿 ふゆのはえ

冬の蝿火鉢の縁をはひありくこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 378

うとましや世にながらへて冬の蝿この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 186

病に臥して

我病みて冬の蝿にも劣りけりこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 186

海鼠 なまこ

引汐に引き残されし海鼠哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

蠣 かき

引汐や岩あらはれて蠣の殻この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

紅葉散 もみじちる

目もあやに紅葉ちりかゝる舞の袖この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

山探し樫の葉落ちる紅葉散るこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 186

門前の小溝にくさる紅葉哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

落葉 おちば

狼の墓堀り探す落葉哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

猪の夜たゞがさつく落葉哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

舞ひながら渦に吸はるゝ木葉哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 186

堀割の道じくじくと落葉哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 61

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)落葉 210

子規句集(高浜虚子選) 186

谷底にとゞきかねたる落葉哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 186

月の出やはらりはらりと木の葉散るこの句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 186

古家や狸石打つ落葉の夜この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 379

収載句集

春夏秋冬 冬 落葉 81

泉水に落葉のたまる小舟哉この句をメールに添付

寒山落木 四 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版2 ・改造社版2 ・講談社版2 380

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…