サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

氷柱 つらら

旭のさすや檐の氷柱の長短

霜柱 しもばしら

土ともに崩るゝ崕の霜柱

枯れ盡す菊の畠の霜柱

鳰 にお・かいつぶり

潮や渺〃として鳰一つ

橋ぎはへ流れて来たか鳰

薄氷を砕いて鳰の浮きにけり

鴨 かも

鴨啼くや上野は闇に横はる

古池や凍りもつかで鴨の足

鴨は見るばかり味噌汁酒の燗

搦手や昼凄うして濠の鴨

内濠に小鴨のたまる日向哉

蓮枯れて氷に眠る小鴨哉

千鳥 ちどり

風に崩れ月に砕けて鳴く千鳥

浦風にまた舞ひ戻る千鳥哉

灯も見えず闇の漁村のむら千鳥

猪牙借りて妹がり行けば川千鳥

千鳥飛んで雲うつくしき夕哉

鴛鴦 おしどり・おし

根岸

迷ひ出でし誰が別荘の鴛一羽

木兎 みみずく・つく

世の中は木兎の耳のなくも哉

鰒 ふぐ

鰒くふて悪女を夢に見る夜哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…