サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

霙 みぞれ

霙にもなりぬべらなり宵の雨

涸れ沼の泥にみぞるゝ夕かな

みぞるゝや水道橋の薪舟

冬雨 ふゆのあめ

古濠やだらりだらりと冬の雨

霜 しも

鍋の霜日の短きも限りかな

朝霜に日の昇りたる城下かな

朝霧や不二を見に出る廊下口

初霜に負けて倒れし菊の花

初霜や鏡にうつる鬢の上

橋の霜雀が下りて遊びけり

暁や御庭の霜の拾篝

尼寺の錠かゝりけり門の霜

きやべつ菜に横濱近し畑の霜

腰の疾にかゝりて

起せども腰が抜けたか霜の菊

中野逍遥を吊ふ

世の中を恨みつくして土の霜

冬日 ふゆひ

冬の日やわつかの雲のすきに入る

冬の日や馬の背中に落ちかゝる

冬の日の落ちて明るし城の松

冬の日のとゞかずなりし小村哉

枯野 かれの

辻堂のあとになりたる枯野かな

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…