サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

初雪のはらりと降りし小不二哉

雪ながら氷る小道や星月夜

雪積むや次第下りの屋根続き

雪空の一隅赤き入日かな

松の雪われて落ちけり水の中

病中

庭の雪見るや厠の行き戻り

送別

雪の旅おもしろからんさりながら

霰 あられ

炮烙に豆のはぢきや玉あられ

大仏のまじろきもせぬ霰哉

薙刀を車輪にまはす霰哉

石橋の上にたまらぬ霰哉

岩関の岩にけし飛ぶ霰哉

旅僧の笠破れたる霰哉

猪の人をかけたる霰かな

拾舟の中にたばしる霰かな

ものすごき音や霰の雲ばなれ

すさましや霰ふりこむ鳰の海

暁や霰のたまるおとし穴

大粒な霰ふるなり薄氷

逢阪や霰たばしる牛の角

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…