サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

妖怪体

古御所や凩更けて笑ひ声

凩や君がまぼろし吹きちらす

十六羅漢図

凩に尖らぬ頭ぞなかりける

から尻に凩つよき広野哉

冬月 

冬の月五重の塔の裸なり

裏山や月冴えて笹の音は何

寒月や猫の眼光る庭の隅

木の影や我影動く冬の月

寒月や吹き落されて岩の間

寒月や石塔の影杉の影

寒月や雲盡きて猶風はげし

寒月や造船場の裸船

寒月や捨子乳に泣く橋の上

雪 ゆき

金殿のともし火細し夜の雪

敷芝や松の下陰雪残る

武蔵野やあちらこちらの雪の山

くるりくるり丸木の舟の雪もなし

峠より人の下り来る吹雪哉

むり向いて塔見あげたる吹雪哉

つらなりていくつも丸し雪の岡

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…