サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

時雨 しぐれ

新発智の青き頭を初時雨

上人を載する舟ありむら時雨

旅僧の牛に乗つたる時雨哉

白菊の少しあからむ時雨哉

稲掛けて神南村の時雨哉

鶏の子の草原あさる時雨哉

三井寺に颯と湖水の時雨哉

いつの間に星なくなつて時雨哉

大名の柩ぬれたる時雨かな

塩鯛の塩ほろほろと時雨かな

橋は夕日竹屋の渡ししぐれけり

五六艘五平太船のしぐれけり

ひつじ田に三畝の緑をしぐれけり

提灯の見えつかくれつしぐれけり

汽車此夜不二足柄としぐれけり

島守のあらめの衣しぐれけり

土佐の海南もなしにしぐれけり

大仏の鐘が鳴るなり小夜時雨

傾城は知らじ三夜さのむら時雨

火ともしの火ともしかねつむら時雨

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…