サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木四

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治28年

麦蒔 むぎまき

麦蒔や色の黒キは娘なり

麦蒔や北砥部山の麓まで

爐開 ろびらき

爐開や叔父の法師の参られぬ

巨燵 こたつ

巨燵から見ゆるや橋の人通り

人もなし巨燵の上の草双紙

縫物の背中にしたる巨燵哉

丁稚叱る身は無精さの巨燵哉

押しかけて妾になりし巨燵哉

かりそめの苦説にすねる巨燵哉

みちのくの旅籠屋さびて巨燵哉

昼中の傾城寝たるこたつ哉

老はものゝ恋にもうとし置火燵

漱石来る

何はなくとこたつ一つを参らせん

風呂敷を掛けたる昼の巨燵かな

火桶 ひおけ

文机の向きや火桶の置き處

化物に似てをかしさよ古火桶

火桶張る昔女の白髪かな

湯婆 ゆたんぽ・たんぽ

傾城のひとり寝ねたる湯婆哉

舟に寝る遊女の足の湯婆哉

炭竃 すみがま

松伐つて月炭竈に上りけり

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…