サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

冬木立道灌山の麓かな

小鳥さへ啼かず冬木立静かなり

菜畑や小村をめぐる冬木立

三河嶋

誰様の御下屋敷ぞ冬木立

根岸

奉納の白き幟や冬木立

砂村

町中に聖天高し冬木立

待乳山

鳥帰る冬の林の塔暮れたり

枯柳 かれやなぎ

郊外

嶋原の入口淋し枯柳

柳枯れぬ菜畠めぐる藁の垣

古池や柳枯れて鴨石に在り

枯木 かれき

一もとの榎枯れたり六地蔵

無花果の鈍な枯れ様したりけり

水落ちて橋高し枯木二三本

帰花 かえりばな

川崎や畠は梨の帰り花

茶花 ちゃばな

からたちの中に茶の花あはれなり

茶の花や庭にもあらず野にもあらず

茶の花や坊主頭の五つ六つ

山茶花 さざんか

山茶花に犬の子眠る日向かな

山茶花に恋ならで病める女あり

山茶花や墓をとりまくかなめ垣

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…