サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

落葉焚いて人無き寺の日和かな

木の葉散る奥は日和の天王寺

木の葉はらはら幼子に逢ふ小阪かな

落葉焚く烟の細し卵塔場

山行けば御堂御堂の落葉かな

紅葉散 もみじちる

池上

杉暗く紅葉散るなり御幸橋

蓮枯れて泥に散りこむ紅葉かな

一葉二葉紅葉散り残る梢かな

冬木立 ふゆこだち

棒杭や四ツ街道の冬木立

日暮里や只植木屋の冬木立

大雨のざんざとふるや冬木立

菜を掛けし家こそ見ゆれ冬木立

見れば昼の月かゝりけり冬木立

其奥に富士見ゆるなり冬木立

昔寵愛の女性みけり冬木立

銃提げし士官に逢ひね冬木立

ところどころ烟突高し冬木立

冬木立五重の塔の聳えけり

冬木立千住の橋の見ゆるなり

冬木立道灌山の鳥居かな

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…