サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

東京

上州の山に雪見るあしたかな

郊外眺望

初冬の月裏門にかゝりけり

冬月

鶯の凍へ死ぬらん冬の月

うしろからひそかに出たり冬の月

寒月や細殿荒れて猫の声

よるべなき冬の野川の小魚かな

冬川

冬川や菜屑流るゝ村はづれ

冬川に捨てたる犬の屍かな

冬川の菜屑啄む家鴨かな

大石のころがる冬の河原かな

冬川や砂にひつゝく水車

冬田 ふゆた

つらつらと雁並びたる冬田かな

稗時に案山子の残る冬田かな

長長と冬田に低し雁の列

吉原の廓見えたる冬田かな

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

身を投げて螽死なんとす冬田かな

枯野 かれの

商人の敵地にはいる枯野かな

旅人の咄しして行く枯野かな

その果に小松の並ぶ枯野かな

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…