サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

星暗く霰うつなり小野木笠

降る程の霰隠れて小石原

甲板に霰の音の暗さかな

霙 みぞれ

大船の楷子をあげる霙かな

雪 ゆき

夜の雪杉の木の間の伽藍哉

初雪の下に火を焚く小舟かな

初雪に祇園清水あらはれぬ

初雪や海を隔てゝ何處の山

初雪の中を淀川流れけり

雪の跡人別れしと見ゆるかな

雪や来ん衛士の篝火影さわぐ

有明の雪の清水灯残れり

鐘撞いて雪になりけり三井の雲

紙漉や初雪ちらりちらり降る

一村は雪にうもれて煙かな

筑波嶺の雪にかゝやく朝日かな

新庭やほつちり高き雪の笹

海の上に初雪白し大鳥居

厳嶋

初雪やあちらこちらの寺の屋根

奈良

見渡せば初雪つもる四里四方

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…