サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

兵営や霜に荒れたる鴻の台

蓬生や霜に崩るゝ古築地

塩濱の霜かきならす朝日かな

いたいけに霜置く薔薇の莟哉

痩菊に霜置かぬ朝の曇りかな

南天をこぼさぬ霜の静かさよ

朝霜や静かに残る竹の月

朝霜の帆綱に光る日の出かな

朝霜やかれかれ赤き蓼の花

初霜や束ねよせたる菊の花

霜の夜や赤子に似たる猫の声

朝霜や舟流したる橋の下

朝霜の御茶の水河岸静かなり

朝霜やいらかにつヾく安房の海

霜柱 しもばしら

船橋駅

籾敷くや踏めば落ち込む霜柱

隠れ家や未下りの霜柱

霰 あられ

売れ残る炭をおろせば霰かな

呉竹の横町狭き霰かな

竹買ふて裏河岸戻る霰かな

板塀によりもつかれぬ霰かな

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…