サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

凩に大仏暮るゝ上野かな

凩の中より月の升りけり

凩ののぞくがらすや室の花

凩の明家を猫のより處

凩によく聞けば千々の響き哉

東京

凩がいやとは余り無分別

中野逍遥を悼む

凩の上野に近きいほりかな

草庵

すわ夜汽車凩山へ吹き返し

人去てあと凩の上野かな

凩に大提灯の静かさよ

浅草

凩に吹かれて来たか二人連

碧梧桐虚子京に来る

凩に吹かれに来たか二人連

霜 しも

饅頭の湯気のいきりや霜の朝

鵯の朝日に飛ぶや霜の原

帆まばらに富士高し朝の霜かすむ

麦の芽のほのかに青し霜の朝

熱帯の草しほれけり今朝の霜

ほつかりと日のあたりけり霜の塔

旭のさすや紅うかぶ霜の不盡

猪のかき崩しけり霜の岨

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…