サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

裏藪の竹盗まれし冬籠り

箒さはる琴のそら音や冬籠り

松すねて門鎖せり人冬籠る

恋せじと冬籠り居れば蜘の糸

三味線や里ゆたかなる冬籠

一村は留守のやうなり冬籠

一村は冬こもりたるけしきかな

一村は青菜つくりて冬籠

かゆといふ名を覚えたか冬籠

麦蒔 むぎまき

清国捕虜廠舎

名處の麦蒔くまでに古りにけり

鉢敲 はちたたき

夜嵐の千本通り鉢敲き

夜興曳 よこひき・よこうひき

有明やかけ橋戻る夜興引

薬喰 くすりぐい

薬喰す人の心の老いにけり

納豆 なっとう

山僧や経読み罷めて納豆打つ

納豆汁腹あたゝかに風寒し

風呂吹 ふろふき

大きなるをこそ風呂吹と申すらめ

蕎麦湯 そばゆ

信州の寒さを思ふ蕎麦湯哉

紙衣 かみこ

信州より蕎麦粉を贈られて

猿引の紙衣裂かるゝ猿の爪に

紙衣着て藪陰戻る月夜かな

蒲団 ふとん

ものゝ香のゆかしや旅の薄蒲団

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…