サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

終リノ冬

亥子 いのこ

雪空の雪にもならで亥子かな

酉市 とりのいち

畦道や月も上りで大熊手

時雨にもあはず三度の酉の市

世の中も淋しくなりぬ三の酉

冬至 とうじ

苫低く裏に日のさす冬至かな

爐開 ろびらき

爐開いて僧呼び入るゝ遊女かな

爐開きや炭も桜の帰り花

火燵 こたつ

巨燵して語れ真田が冬の陣

夜の雨昼の嵐や置巨燵

いくさから便とゞきし巨燵かな

人足らぬ巨燵を見ても涙かな

われは巨燵君は行脚の姿かな

火桶 ひおけ

芭蕉翁像に対す

拝領の錦張りたる火桶かな

絵屏風の倒れかゝりし火桶かな

炭竃 すみがま

火の絶えし小野の炭竈小夜嵐

冬搆 ふゆがまえ

庵破れて冬搆へすべくあらぬかな

藁垣の菜畑めぐるや冬搆

藁掛けて冬搆へたり一つ家

冬籠 ふゆごもり

冬ごもり男ばかりの庵かな

砂村や狐も鳴かず冬籠り

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…