サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

はじめの冬

頭巾 ずきん

頭巾ぬげば皆坊主でもなかりけり

納豆 なっとう

禅僧や仏を売て納豆汁

納豆汁卜伝流の翁かな

紙衣 かみこ

飼犬に袖ひかれたる紙衣哉

雪 ゆき

湖青し雪の山〃鳥帰る

蛸隠す夜の吹雪の小蓑かな

雪の山壁の崩れに見ゆる哉

千年の大寺一つ雪野かな

引汐や薄雪つもる沖の石

寺一つむつくりとして雪の原

霰 あられ

八陣の石崩れたる霰哉

大粒の霰降るなり石畳

獺の橋杭つたふ氷哉

霙 みぞれ

獺の橋杭つたふみぞれ哉

人もなし黒木の鳥居霙ふる

霜 しも

朝霜や雫したゝる塔の屋根

辻堂に狐の寝たる霜夜かな

霜柱石燈籠は倒れけり

冬月 

門くづれて仁王裸に冬の月

辻番のともし火青し冬の月

前のページへ 001 002 003 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…